マーケティング全般

2017年の顧客体験を高めるトレンド!音声検索などモバイルと個人に注目

海外メディア「ClickZ」が2017年のカスタマーエクスペリエンスを高めるマーケティングトレンドを予測しました。紹介されたトレンドは「データ」「パーソナライゼーション」「音声検索」「チャットボット」「一貫性のあるオムニチャンネル戦略」の5つです。今年も注目された顧客一人ひとりの行動に注目したマーケティングと、モバイル機器の使用を想定した戦略が目立ちます。
今回はこのトレンドの中から「音声検索」に焦点をおいて紹介します。

過去1年で音声検索利用者が増加

デジタルアシスタントは増加傾向にあり、2016年時点で大きな成長を遂げました。SiriにAlexa、Google Assistantの存在は、将来の音声検索がどのように発展するか示しています。興味深いことに音声検索を使用しているスマホユーザーの60%が、過去1年間に音声検索の使用を開始したことです。
ClickZ「Five trends to improve customer experience in 2017」より

Siriが導入された当初は音声検索を使用する人はほとんどいなかったのではないでしょうか。しかし今ではデジタルアシスタントの精度は向上し、スマホも幅広い年齢層に普及しました。
手で入力するよりも声で入力する方が楽に感じる高齢者やスマホ初心者、手がふさがっていて手入力がしづらい買い物中の主婦。引用文にあるようにここ1年で利用者が増加した背景には、音声検索を利用したほうが楽だと感じる(または気づいた)ユーザーが増加したことが考えられます。

このトレンドで意識したいのは、音声検索向けのSEO対策です。入力して検索するユーザーと音声で検索するユーザーは、同じものを検索する場合でも異なるキーワードを使用します。その点を意識してキーワード設定を行うことが重要になるでしょう。
参考:Siriの使用率上昇!音声検索を意識したSEO対策を視野に

まとめ

2017年の流行が予想されているトレンドの1つ「データ」は、ターゲット層を理解するために必要なデータがより重要になることを示唆しています。「一貫性のあるオムニチャンネル戦略」は、複数のチャンネルでマーケティングを行っていても企業の態度や行動を一貫する戦略です。
何より重要なことは、企業に適したマーケティング手法を選択すること。紹介したすべてのものを取り入れるのではなく、企業に合ったトレンドがるようなら取り入れてみるのをおすすめします。

参照元:ClickZ
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. より多くの人々にあなたのコンテンツを信頼させる方法(2)
  2. 広告ブロッキングで年間30億ポンド収入減の英国
  3. 実生活で実装できる5つのSEO戦略
  4. SNS×eコマース!ソーシャルコマースでショッピングの魅力が拡大…
  5. Facebookライブがパソコンに対応。マーケターが知っておくべ…
  6. タイトな予算で効果的なコンテンツを作り出す方法
  7. Instagramと連携可能!おすすめのマーケティングツール(前…
  8. 2018年に試すべきコンテンツマーケティングの動向

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行