Webマーケティングニュース

人工知能「AIアナリスト」約8割のサイト改善を実現

ウェブサイトのCV改善サービスの「株式会社WACUL」は、自社が提供しているサイト分析・提案人工知能サービス「AIアナリスト」を使用している中小企業のうち約8割がサイトを改善したという調査結果を発表しました。人口知能によるサイト改善が現実に達成され、今後の動向に注目が集まります。

人口知能によるCV改善サービスとは?

「株式会社WACUL」が提供する「AIアナリスト」は、人工知能によりウェブサイトの「Googleアナリティクスを基にしたサイト分析」「改善方法の提案」「提案を実行した場合の効果の予測」の主に3つを行います。分析結果として数字を提供するだけではなく「機能紹介のページを閲覧するユーザーを増やしましょう。そのためにここを目立たせましょう。また、リンクがページの下過ぎるので改善しましょう」といった非常に具体的で分かりやすいアドバイスを提供します。

今回の発表によると、「AIアナリスト」を導入して4か月が経過した中小企業のうち、人工知能の提案を元にサイトを改善した割合が79.8%とのことです。

実際に大きな効果も上がっており、「AIアナリスト」によるサイト分析・アドバイスの活用によってCV率が2~4倍になった事例も少なくありません。

至れるつくせりのようですが、やはり疑問点の解消や相談などについては専門家と直接会って話したいもの。そのような時は担当者の無料サポートを利用することができます。専門知識がない、または時間がないといった理由で、サイト分析・改善をうまく行えないというWEB担当者でも安心です。

 
参照元:株式会社WACUL
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  2. ピンタレストが新機能「ギャラリー」導入。カルーセル表示でおすすめ…
  3. ウェブサイト分析人工知能「AIアナリスト」が分析手法を強化へ
  4. DACとゲートウェイがVRコンテンツの制作・配信・分析サービスを…
  5. メガネスーパー、コンタクトを1タップで注文できるアプリ発表
  6. 情報だけでなく体験を届けられるFacebookの新機能「360動…
  7. インフィード広告はソーシャルメディアが主戦場
  8. 中小企業も必見!アプリでEC売上大幅アップ!?

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行