Webマーケティングニュース

「ロリポップ!」レスポンシブサイト作成できるサービス開始

レンタルサーバーサービスのGMOぺパボは、運営するレンタルサーバー「ロリポップ!」でレスポンシブウェブ対応サイトを簡単に作成できるサービスの提供を開始したと発表。この新サービス「ロリポップ!スタジオ」を活用することで、タブレットやスマートフォンの画面サイズに合わせたデザインを自動的に表示することができるようになります。

安価なのに豊富なテンプレートに直感的な操作

「ロリポップ!スタジオ」には170以上ものテンプレートがあるため、理想に近いサイトを作成することができます。画像のアップロードも簡単で、ドラッグ&ドロップだけでアップロード・編集が可能です。このサービスは「ロリポップ!」レンタルサーバー契約者を対象としており、月額980円(税込)と手軽な値段で始めることができます。

スマホ対応は急務

ホームページをスマホ用に別に作成する、またはレスポンシブデザインにするという、スマホ・タブレット向け対応をまだ行っていない企業は多いようです。一見、緊急性が低く見えるスマホ対応。しかし、スマホ未対応だと直帰率・離脱率が高くなり、CVが取りにくくなるという調査結果が出ています。また、スマホ未対応のサイトはモバイルフレンドリーでないとされ、検索順位が下落すると言われています。

スマホ・タブレットにもデザインを最適化し、CVを落とさないようにしたいところ。便利なサービスを利用して、早めに取り組むことをオススメします。

 
参照元:ロリポップ!
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 自動運転を使った「ロボネコヤマト」始動、DeNAとヤマト運輸が2…
  2. まずは無料でプロモーション!企業の存在感をアピールする4つの方法…
  3. 楽天オークション10月末で終了へ。10年間ヤフーの牙城を崩せず
  4. テレビの視聴データなどをベースにした動画CMのターゲティング配信…
  5. まだの企業は要注意!今すぐやるべきスマホ対応
  6. 中小企業に朗報!ONLY STORYが「社長編集機能」追加
  7. Twitterが公式アプリにQRコードでフォローできる機能を追加…
  8. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行