Webマーケティングニュース

Googleの新ツールでモバイルフレンドリー対応度をチェックしよう

Googleから新たなWebサイトテストツールがリリースされました。この新ツールではモバイルフレンドリー対応度だけでなく、デスクトップページとモバイルページの表示速度をまとめて計測できるようになっています。

使い方はとても簡単。テストしたいサイトのURLを入力し、開始ボタンをクリックするだけで3つのテスト結果が一発で表示されます。使ってみるとわかりますが、この3つのテスト結果をワンクリックで得られるというのは地味に便利で感動的です。

もはや常識なモバイルフレンドリー対応

モバイルフレンドリーとはスマホ対応という意味ですが、現在のWeb業界ではもはや常識となっています。今回のツールではボタンのタップのしやすさや、スマホの小さな画面の中でわかりやすくナビゲーションされているかなどが100点満点で採点されます。モバイルフレンドリーというテーマは現在Googleが強化している部分でもあるので、SEO的にも見逃すことはできないでしょう。

いつの時代も表示速度は重要課題

表示速度についてはあまり意識していないサイト運営者が意外と多いように感じます。しかし、本当にユーザー満足度を高めようと思っているのなら避けては通れない課題なはずです。なかなか腰が重くなる課題ではありますが、非常に重要なポイントであることは間違いありません。表示速度の改善は以前からずっと問題視されていますが、サイト閲覧がスマホメインになった現在では重いサイトはどんどん避けられているので、いよいよ本格的に対策が必要な時期になったといえるでしょう。

Mobile_Website_Speed_Testing_Tool_-_Google

まとめ

サイト運営者にとってユーザー満足度は永遠のテーマです。その中でもモバイルフレンドリーや表示速度というのは現代のトレンドと言えます。トレンドをしっかりと押さえることも効果的なWebマーケティングの一環なので、まずはあなたのサイトをテストしてみてはいかがでしょうか?

参照元:think with google
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. データフィード最適化サービス「Marketia Feed Man…
  2. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」
  3. 「eltes FIND」の導入で最適なページへスムーズな誘導が可…
  4. 小学館がタテ型動画でニュースを配信
  5. 「LODEO」に動画広告の視聴完了率を基に配信を最適化する新機能…
  6. 人工知能「AIアナリスト」約8割のサイト改善を実現
  7. 動画広告配信ソリューション「ターゲットスクリーンCM」が提供開始…
  8. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行