Webマーケティングニュース

効果の可視化に最適!Facebookがチャットボット用分析ツールを発表

チャットボットはWebマーケティングでちょっとしたトレンドになっています。注目が集まったのはチャットアプリの人気上昇と、人工知能技術の発展という2つの要素が重なったためです。

そしてチャットボットに力入れている企業のひとつFacebookが、チャットボット分析ツールを導入すると発表しました。

チャットボット分析ツール導入の背景

Facebookはプラットフォーム全体で広告に力を入れていますが、メッセンジャーで広告を運用するには限界がありました。そこでメッセンジャーを通してユーザーに製品を購入させやすくすることで、収益に繋がるようにしているのです。

メッセンジャーで利用できるチャットボットもFacebookの戦略の1つです。チャットボットに簡単なやり取りや決まった必要手順を任せることで、メッセンジャーを利用したショッピングを簡略化します。

そして今回Facebookはチャットボット分析ツールを導入し、効果の評価とROIの測定をできるようにしました。

分析ツールの機能

チャットボット分析ツールを使って得られる結果はいくつかあります。

  • チャットボットのインタラクトを%表示
  • ユーザーのセグメンテーション
  • セグメントのデモグラフィックの詳細

など他多数

ボットの分析結果を見るには、下記のアプリ用Facebook Analyticsのダッシュボードに分析したいアプリを追加しましょう。
https://www.facebook.com/analytics/?__aref_src=devsite&__aref_id=blog

まとめ

分析ツールを利用することでチャットボットの効果が可視化されます。結果によって計画の微調整でき、マーケティングに活用しやすくなるでしょう。

参照元:アプリ用Facebook Analyticsのニュース
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  2. タイトな予算で効果的なコンテンツを作り出す方法
  3. 若年層のSNS利用動向データから明確になったマーケティング戦略と…
  4. Facebookライブで投票を促す!いいねを使ったシンプルテクニ…
  5. ニールセンが「デジタル広告視聴率」に性年齢別測定機能を追加へ
  6. INFLUENCER ONEがフォロワー数3,000万人突破
  7. TwitterがTweetstorm機能をテスト中
  8. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行