マーケティング全般

良質な体験を提供。使用頻度の高いコミュニケーションアプリを顧客サービスに

FacebookがWhatsAppを買収し、ソーシャルコマースが急成長を続けるのに伴い、多くのマーケターがビジネス向けのメッセンジャーサービスの価値に気づき始めています。

各企業がコミュニケーションアプリを使ったマーケティングに注目しているのは、消費者の生活にスマートホンやアプリが必要不可欠なものになっているからです。

顧客とのコミュニケーションにメッセンジャーを取り入れる

有名なオランダの航空会社KLMは2015年、Facebookメッセンジャーを利用して顧客と対話した最初の企業となりました。

同社はかつて、メールや自動化したカスタマーサービスセンターを通して顧客とコミュニケーションを取っていました。当時は前例のない方法ではありましたが、前述の方法の代わりに、マーケティングメンバーが日常的に利用していたメッセンジャーの採用を決めたのです。

この戦略のおかげで同社はソーシャルメディアにいる数千万人のフォロワーが気軽に相談できる環境をつくり、ビジネスの機会を増やしました。

使用頻度が高いコミュニケーションアプリ

規模の大きさを考えると、ソーシャルメディアの存在を無視することは非常に難しいのが現状です。マーケティングエージェンシー「Collinson Group」の最新の調査では、ソーシャルメディアやコミュニケーションアプリなしでは生活できないと回答した人がほとんどでした。

ソーシャルメディアは企業が顧客の行動や習慣に簡単に入り込める便利なツール。使用頻度の高いメッセンジャーやラインのようなコミュニケーションアプリを使うと、自然に顧客とコミュニケーションを取ることができます。

まとめ

ロイヤルティの鍵は、ソーシャルメディアを使って顧客の行動を補完する方法を取り入れることです。常に顧客にパーソナライズした良質な体験を提供しましょう。

参照元:Marketing Tech
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケティングで「ソーシャルメディア」と「メール」を同時に活用す…
  2. 投稿枠数の節約にも!インスタグラムの複数投稿にアニメーションを活…
  3. まだの企業は要注意!今すぐやるべきスマホ対応
  4. ソーシャルメディア運用でバズるコンテンツを作るために必要な土台
  5. 小さなブログが大きな違いを作る
  6. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  7. Pathって何?日本では流行するの?
  8. 米国中小企業の47%がモバイルマーケティングへの対応に苦戦

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行