マーケティング全般

Google AdWordsの広告文を工夫。消費者と従業員の意見を参考に印象を変える

Google AdWordsでクリック率が上がらず悩んでいませんか?特にテキスト広告の場合は他の広告と見分けがつかず、目立つことが難しい場合があります。

AdWordsには文字数制限があり、一度に記載できる内容に限りがあります。その中で企業や製品、サービスの戦略的メッセージを取り入れることは至難の業です。

広告文を書く前にまず企業のこと、そして消費者のことを知るのが先決です。そして集めた情報を広告文に取り入れましょう。
以上のことを踏まえて、今回は有益で目を引き、その他大勢の広告から目立てる広告文の書き方を紹介します。

顧客にインタビューまたはアンケートを行う

企業と消費者のことを知らずして、インパクトのある広告は書けません。
まずはカスタマーサービスや販売チーム、製品開発チームなど、製品に関連のある部署の従業員にアンケートを送付しましょう。この部署の従業員は製品販売の最前線に立ち、他では得られない視点を持っています。

「ターゲット層の消費者について教えてください」「消費者につかれた痛いところは何ですか?どうやって解決しましたか?」「製品のプロモーションやイベント状況をどう見ていますか?」
といった質問をアンケートに加えて、従業員の考えを聞きましょう。

消費者の声を聞く

次は消費者の声に耳を傾けましょう。良いことも悪いことも広告戦略の役に立ちます。

顧客のレビューの中から、業界内の下降トレンドが見つかることがあります。こういったレビューがマーケティングの微調整に役立つので、見逃さないようにしましょう。
内部の意見だけでは分からないことがあるため、消費者の意見はとても貴重です。

AdWordsの機能を利用して第三者の意見を取り入れる

前述した方法で情報収集をしたら、そのときの傾向にあった広告文を考えましょう。また広告文以外に、そのまま外部の意見や評価を反映できるシステムがあります。
上手く取り入れれば広告文とオプションの両方を使って、製品やサービスの魅力を伝えることができます。

「サードパーティレビュー」を使うと、消費者のレビューの中で良い評価のものが反映されます。
サードパーティのレビュについてhttps://support.google.com/adwords/answer/3236114

複数の提供元から取得した情報を組み合わせて星5つで評価される 「販売者評価」も活用すると良いでしょう。
販売評価についてhttps://support.google.com/adwords/answer/2375474?hl=ja

まとめ

AdWordsの広告文には文字制限があり、多くのことは伝えられません。表示オプションを使うなどして対応しましょう。

参照元:Search Engine Land
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2017年欧米のコンバージョン最適化レポート
  2. 「ユーザー生成コンテンツ」がソーシャルメディアマーケティングを変…
  3. 企業の代弁者としてインフルエンサーをイベントに起用!CESの事例…
  4. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…
  5. 【ライフスタイル編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇…
  6. SNS×eコマース!ソーシャルコマースでショッピングの魅力が拡大…
  7. Periscopeが360度ビデオを導入。没入感の高いライブ配信…
  8. より多くの人々にあなたのコンテンツを信頼させる方法(1)

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行