マーケティング全般

SEO対策はコンテンツの充実から。コンテンツは独自思考から地域思考へ

Googleのアップデートによって、高品質でユーザーにとって有益な情報が記載されているサイトが評価されるようになりました。企業が有益な情報を発信することで、消費者は企業の製品に興味を持ち売上増加が見込めます。コンテンツの充実こそ一番のSEO対策と言われるほど重要視されているのです。

ではどういったコンテンツを作成すればサイトが充実していると評価されるのでしょうか。他にはない独自性をもったコンテンツを作ることだとよく言われています。
今回はSearch Engine Landで提案された、独自性という側面も持つ「特定の地域の情報を発信するコンテンツ」について紹介します。

独自性のああるコンテンツでは差別化が難しくなった

新しくできた特殊な業界であれば話は別ですが、基本的にどの業界にも競合する企業が存在します。その中でもインターネットの検索結果で上位につけるのは一握り。他にはない情報でユーザーを惹きつける必要があります。

独自性は重要ですが、独自性があるといっても様々。50社のペット関連企業が市場にいる仮定して、どの企業も独自コンテンツを作成するとします。しかしどの情報もすべてペットに関すること。実際には独自性のある情報でも、全体的に見ると同じ情報を発信しているように消費者の目に映ります。

すべての企業が情報の独自性を意識すると、他社との差別化が難しくなるのです。

地域思考で消費者とつながる間口を広げる

そこで注目していただきたいのが地域思考のコンテンツ。単純におすすめ店舗リストを住所や電話番号と共に各ページに記載するだけではなく、実際に地域に関する情報を書きましょう。例えばエリアのお役立ち情報やニュースをシェアしたり、地元の人にインタビューしたりするのです。
もちろん地域に関する情報だけに注力する必要はありません。通常はいつも通り情報発信して、たまに地域情報を加えるだけで効果があります。

さらに地域のコミュニティに密着することで、コンテンツの質が格段に上がります。ご近所のコミュニティに参加してみたり、地元チャリティーを支援したりしてみてください。実際に地域活動に参加するのが、情報発信の筆を進めるポイントです。

まとめ

例えばある企業の地方支店が「近くの○○食堂はおすすめで、当社の社員の行きつけです。とくにうどんが最高!」と公式ツイッターに投稿したとします。消費者に親近感を持ってもらいやすく、その地域について調べていた消費者が思いがけず顧客になる場合もあります。
消費者の目に留まる入り口を広げるためにも、地域を意識したコンテンツを作成してみてはいかがでしょうか。

参照元:Search Engine Land
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. イベントの臨場感をライブ配信!CESのFacebookライブ活用…
  2. 【Twitter】文字数制限に悩んでるならスクリーンショットを活…
  3. 多忙な経営者向けソーシャルメディア戦略
  4. LINEスタンプを活用したキャラクタービジネス
  5. Twitterをビジネスで活用するデメリットはある?知っておきた…
  6. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  7. Amazonが音声購入を支配 – 顧客が購入している…
  8. 日立製作所がAIを活用した「顧客ロイヤルティ向上サービス」を開始…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行