マーケティング全般

ポイントはユーザーとの交流!スターバックスも実践するソーシャルメディア活用法

ソーシャルメディアのおかげで、世界中の企業が個人レベルで消費者と接する機会が増えました。
実際にソーシャルメディアを利用して成功する企業は、ユーザーと感情面で結びついて関係を長持ちさせる方法を熟知しています。

今回はソーシャルメディアマーケティング活用して、ユーザーと効果的に交流した事例を2つ紹介します。

参加型コンテンツを活用する

ユーザーにもコンテンツ作成に参加してもらいましょう。彼らはキャンペーンに携わっていると感じることで、素晴らしいアイデアをだしてくれます。

2014年、スターバックスはWhite Cupコンテストを開催。スターバックスのカップに好きな模様やイラストを描いて、写真を送付するようユーザーに呼びかけました。入賞者のデザインは限定品としてスターバックスで使用されます。
結果として、3週間で4000件近くの応募が殺到。ユーザーが作成したコンテンツが企業と消費者の溝を埋めたのです。

ユーザーが企業のコンテンツを気に入れば、彼らは友達にコンテンツをシェアしてくれます。知り合いの知り合いにどんどんシェアされて、多くの人の目に留まるのです。

宣伝ということを強く出さない

ソーシャルメディアで行うマーケティングは、オリジナリティがあって面白いことが必須。分かりやすい宣伝だと単調に見えて、集客力もイマイチです。
宣伝が強く出てしまうのは禁物ですが、興味をそそるコンテンツでユーザーを惹きつけましょう。

例えばスケートボードサイト「Shralpin」は、スケボーに関するハウツーを発信してユーザーから人気を集めています。
まずはユーザーが必要としている情報をソーシャルメディアに投稿して、ファンを獲得しましょう。ユーザーの支持を集めれば、利益はそのあとついてきます。

まとめ

紹介した企業のようにソーシャルメディアを効果的に利用すると、マーケティング戦略に大きなインパクトを与えてくれます。ソーシャルメディアを工夫して利用することが、ソーシャルメディアマーケティングで成功するポイントです。

参照元:Search Engine Land
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 主要国でのEC市場規模調査で日本は米国・中国に次ぐ3位に
  2. 実生活で実装できる5つのSEO戦略
  3. 費用対効果が高いLPを!「ペライチ」と「売れるネット広告つくーる…
  4. 2017年欧米のコンバージョン最適化レポート
  5. ソーシャルメディアに投稿する画像付きコンテンツのアイデア3選
  6. データ分析特化型クラウドソーシング「FARO CONSULTIN…
  7. 中国のメッセンジャーアプリWeixinで訪日中国人向けマーケティ…
  8. イベントの臨場感をライブ配信!CESのFacebookライブ活用…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行