Webマーケティングニュース

WordPressサイトのセキュリティを強化する「WP Guard」が提供開始へ

株式会社フィードテイラーは、利用者数世界一のCMS「WordPress」で作成されたウェブサイトのセキュリティを強化するサービス「WP Guard」の提供開始を2016年10月4日発表いたしました。利用者が多いからこそ狙われやすいWordPressサイトを多くのアタックから守ってくれるサービスとして期待されます。 

WordPressサイトは狙われやすい?

多くの企業がオウンドメディアを持つ現代ですが、全世界の4分の1のウェブサイトはWordPressで構築されていると言われています。高性能なCMSであるWordPressは非常に使い勝手が良く、多くの企業や個人サイト運営者に利用されています。しかし、多くの利用者がいるからこそサイバーアタックの標的となりやすく、それが深刻な問題となっているのも事実です。 

高速静的化エンジン「espar」を活用

「WP Guard」はWordPressサイト全体を高速で静的化し、別途用意されている公開用サーバーへ転送するシステムでアタックを無効化する仕組みです。このWordPressの静的化にはGoogleのGo言語で独自に開発した高速静的化エンジン「espar」を活用しています。WP Guardではコンテンツ管理機能をアクセス制限して守ることで、WordPressやプラグインの更新を行わなくてもセキュリティ面でリスクが増大しない仕組みなのも特徴です。 

まとめ

世界中から狙われているWordPressだけに、企業サイトなどは特にセキュリティに不安をかかえているのではないでしょうか。WordPressそのものは非常に便利なサービスなだけに安心して使用できるならこれ以上ないCMSでしょう。セキュリティ面の不安を解消してくれるWP Guardを導入することで、今後は安心して自社のウェブサイト運営ができるのではないでしょうか。 
 
参照元:フィードテイラー
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ECサイトでも接客力の差が売上げを左右する
  2. Periscopeが360度ビデオを導入。没入感の高いライブ配信…
  3. Google、インフルエンサーと企業を繋げるプラットフォーム「F…
  4. グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いとい…
  5. 成果報酬型動画広告「Grateful Video Ad」の正式提…
  6. 「MHS-Instant Research」で商品購入後のクイッ…
  7. 若年層のSNS利用動向データから明確になったマーケティング戦略と…
  8. 【コラム】SEO記事とバズる記事のバランスについて【後編】|オウ…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行