Webマーケティングニュース

「LINE Creators Market」の審査基準改訂でより自由なスタンプ販売が可能に

LINE株式会社はLINEスタンプの制作・販売ができる「LINE Creators Market」にて審査基準の改訂を2016年10月6日発表いたしました。この改訂でより自由なスタンプ販売が可能となり、さらなるマーケットの拡大が予想されます。 

成長を続ける「LINE Creators Market」

「LINE Creators Market」とは、ユーザーがLINEスタンプや着せかえの制作が行え、世界中のLINEユーザーに向けて販売することが可能なプラットフォームです。2014年5月からサービスが開始され、現在の登録クリエイター数は約61万人と、世界中の多くの企業、個人ユーザーに利用されており現在でも成長を続けています。 

審査基準改訂で変わること

今回の審査基準改訂により、これまではスタンプ販売に1セット40個のスタンプが必要だったところが最低8個から販売が可能となりました。この大幅な基準緩和はスタンプ販売のハードルを大きく引き下げることであり、クリエイターの増加は確実に期待できるでしょう。また、これまでスタンプに写真を使用することは禁止されていましたが、今後は自身で撮影した写真をスタンプに使用することも可能となります。これにより、スタンプのプレゼント機能で家族や友人との記念写真をスタンプとしてプレゼントするなど、これまでとは違ったスタンプの活用も期待されます。 

まとめ

LINEスタンプは個人クリエイターの創作活動の場としてだけでなく、企業にとっても多くのチャンスをもたらしてくれる場となります。すでに多くの企業がLINEスタンプには参入していますが、今回の審査基準改訂によりマーケティングでの活用にも大きく可能性を広げることになるでしょう。 
 
参照元:LINE
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Omiai」が機能アップデート
  2. インスタグラムがキーワード制限機能を導入!適用前に知っておきたい…
  3. モバイルマーケティングを制するにはInstagramとYahoo…
  4. 「Yahoo!知恵袋」アプリがビッグデータを活用して恋愛成就の可…
  5. 2つの事例から学ぶフェイスブックを活用したブランディング戦略
  6. 2018年のデジタルマーケティングのメガトレンド
  7. App Annieが提供するアプリビジネスに役立つ分析ツールをリ…
  8. Twitterが280字入力をテスト中

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行