Webマーケティングニュース

動画広告配信サービス「LowTV Focus」が配信先を拡大へ

2016年6月9日、サイバーエージェントは、テレビCMが行き届きにくい層に対してWeb動画広告を配信するサービス「LowTV Focus」の配信先拡大を発表しました。

配信先拡大でローテレ層の8割以上をカバー

これまでの配信先としては「YouTube」「Ameba」が中心でしたが、今回の配信先拡大でこれに加え「Facebook」「Twitter」「Instagram」「niconico」への配信も可能となりました。テレビをリアルタイムに視聴しないことでCMが行き届きにくい層をローテレ層と言いますが、配信先拡大により、ローテレ層の中心である10~30代の8割以上にCMを届けられるようになる大規模な取り組みです。

今後のLowTV Focus

サイバーエージェントは、今後も配信構造を更に細かく設計することでより効率的で効果的な結果を得るための研究を続けると発表しています。配信先の拡大も更に強化される可能性もあります。また、ローテレとは逆のテレビCMに多く接するハイテレ層向けには「High TV Focus」も展開しています。

まとめ

配信先拡大は技術的なハードルが高かったようですが、今回無事に拡大することに成功したので今後は一気にサービスが加速していくことが予想されます。若年層のテレビ離れが今後も進んでいくことを考えると、商品によってはWeb動画広告がマーケティングの必須ツールになってくるのかもしれません。

参照元:サイバーエージェント
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「MHS-Instant Research」で商品購入後のクイッ…
  2. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…
  3. 「Omiai」が機能アップデート
  4. 記事内容の正確性を向上させる「専門家記事監修」サービスが開始
  5. 費用対効果が高いLPを!「ペライチ」と「売れるネット広告つくーる…
  6. 個々のユーザーにメール配信時間を最適化!アクティブコア
  7. LINEが発表した次なる事業戦略の中身とは?
  8. Twitter広告の運用を完全自動化する「Keywords Bo…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行