マーケティング全般

「Facebook広告」はターゲティングをマスターして効果アップを狙う

広告を配信サービスは数多くあります。中でもFacebook広告は、配信するユーザーを細かく指定できるターゲット設定が充実しています。ターゲット設定をせずに広告を配信すると、費用がかかり企業のターゲット層に広告を見てもらえる確率も下がってしまいます。特に小さな会社を運営している場合はなるべく費用を抑えたいもの。幅広い年代のユーザー数を抱えるFacebookは、広告のターゲット設定も充実していてマーケティングを行いやすいプラットフォームです。

Facebook広告はターゲット設定が幅広い

Facebookはユーザーが登録する膨大なデータを保有していて、そのデータをターゲット設定に活用しています。年齢や性別、宗教、趣味などの基本情報、お気に入り登録しているFacebookページ、コンテンツの趣味趣向もターゲット設定に応用可能です。
この機能のおかげで、企業は正しいターゲット層にメッセージが届けやすくなりました。限られた予算でキャンペーンを運用する場合は、Facebook広告がおすすめです。

ターゲット層を絞りコンテンツの拡散を狙う

ターゲット設定は製品を届けるユーザーを絞ることだけが目的ではありません。興味のある情報を目にしたユーザーは投稿をシェアするなど次の行動をとってくれます。最初にターゲット層を絞ることで、拡散力を高める狙いがあります。
例えば、新製品のPRをする場合のターゲット層は記者や地元TVの社員、ラジオ関係者、新聞関係者。彼らの目に留まる面白いコンテンツだと、自然に宣伝してくれます。

まとめ

広告を配信するユーザーが企業のターゲット層に合っていなければ、思ったような効果は得られません。Facebook広告などターゲット設定を行えるプラットフォームを使うことで、余分なコストをかけずマーケティングを行いましょう。

参照元:ClickZ
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ブログマーケティングプランの作り方
  2. 15年以上続くビジネス情報番組、AreaDを活用した発信力強化へ…
  3. 表情を使って人の感情を解読する新技術
  4. NatriがAIマーケティングプラットフォームAlbertを用い…
  5. ソーシャルメディアごとにコンテンツをカスタマイズしよう(2)
  6. TeamViewer、PTC の ThingWorx に統合され…
  7. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  8. Googleがペンギン4.0をローンチ。マーケターに与える影響は…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行