デジタルマーケティング

機械学習を取り入れる!新テクノロジーを使ったマーケティング成功の秘訣は?

近年、機械学習の実用化が進んでいます。適用例は病気の診断から自動運転、犯罪防止まで様々。蓄積されたデータから学び、問題解決に役立てる能力がある機械学習は、驚くべき速さで実用化され始めているのです。

デジタルマーケティングも、機械学習を適用することで大きな効果が期待できる分野の1つ。簡単な顧客サポートの自動化、不正な広告の検出・防止などの実用例が多数あります。機械学習を取り入れたマーケティングは、どのように機械学習取り扱うかに成功がかかっているのです。
今回は機械学習をマーケティングに取り入れる際に重要な要因をいくつか紹介します。

具体的な目標を設定する

マーケティング開始前に、マーケターは具体的な目標を定める必要があります。ページのアクセス数やクリック数を増やすといった浅い目標ではなく、売上やROIを上げるといった目標に機械学習を活用しましょう。

質の高いデータを使う

機械学習を活用するうえで一番重要な点は、質の高いデータをインプットすること。質の高いデータを適用すれば、ベーシックモデルでさえ質の低いデータを含む上級モデルをしのぎます。質の高いデータとはインターネットから無造作に集められたデータではなく、マーケターが所有する顧客データのことです。

機械学習の動きを熟知する

機械学習には透明性が重要です。インプットされているもの、アウトプットされるもの。何が動いているか、なぜ動いているのかをマーケターが知ることで、マーケティングの改善点が見つかります。

まとめ

機械学習など進化するテクノロジーをマーケティングに取り入れるときに大事なことは3つ。具体的な目標を決めて、質の高いデータを使い、透明性を大事にする。
この3つの要因が新技術を活用したマーケティングの役に立ちます。

参照元:Marketing Tech
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. DBSが実施したブランド認知を高めるためのデジタルマーケティング…
  2. 【コラム】SEO記事とバズる記事のバランスについて【前編】|オウ…
  3. コスメブランド「メイベリン」も取り入れた。Instagramイン…
  4. Facebook、プロフィール画像のアニメ化に取り組む
  5. Youtubeがモバイルアプリから直接できる「ライブ配信機能」を…
  6. ピンタレストのアイデアを実際に試して評価!「試してみた」ボタンを…
  7. TSUTAYAがOne to Oneのコミュニケーションをスター…
  8. 有償広告を使わずにFacebookで顧客とつながる方法

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行