デジタルマーケティング

ナショナル・ジオグラフィックから学ぶソーシャルメディア・マーケティング

ナショナル・ジオグラフィックは、ソーシャルメディアに美しい画像を投稿して注目を集めています。人気の秘密は、美しい画像とストーリーテリングの組み合わせ。毎月、公式サイトに7億3000万人がアクセスしますが、そのうち2億7009万人はソーシャルメディアからのアクセス。ナショナル・ジオグラフィックは、ソーシャルメディアを利用したことでさらにビジネスが成長したと言います。今回は、ナショナル・ジオグラフィックがソーシャルメディアで成功したポイントをまとめて紹介します。

美しい画像とストーリーで人を惹きつける

ナショナル・ジオグラフィックは自然に関する写真を多数保有し、ソーシャルメディアに投稿しています。
美しい写真に、その写真にまつわる体験談やストーリーを添えて投稿しています。この「ストーリーテリング」という手法を用いることで、ナショナル・ジオグラフィックはフォロワー数を増やしたのです。

ストーリーテリングとストーリーテラーに投資する

質の良いストーリーテリングを提供するため、ナショナル・ジオグラフィックは写真家や記者、探検家といった面々をストーリーテラーとして起用しています。
日本企業がキャンペーンでこのアイデアを採用する場合は、インフルエンサーをストーリテラーとして起用すると良いでしょう。または、消費者から体験談を募集して紹介するというアイデアもあります。

柔軟に対応する

新しいプラットフォームやコンテンツに柔軟に対応できれば、消費者に新しい体験をもたらすことができます。
ナショナル・ジオグラフィックはFacebookライブをいち早く取り入れました。ライブ配信とナショナルジオグラフィックが提供するストーリーテリングは相性が良く、高いエンゲージメント率を示しています。

最近のコンテンツを例にすると、2人の探検家がエベレストからのライブ配信をナショナル・ジオグラフィックのアカウントに投稿。ユーザーはリアルな臨場感を味わうことができ、大きな反響を呼びました。

まとめ

ナショナル・ジオグラフィックを参考に、企業の持ち味となるストーリーを紹介しましょう。ストーリーテリングが消費者を売上貢献度の高い顧客に変えてくれます。
ユーザーは感情的なつながりを感じる企業に親しみを感じます。そういった感情を引き出すときに、ストーリーテリングが有効です。

参照元:ClicZ
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2018年のコンテンツ流通チャネルのトレンド
  2. BtoB中小企業こそオウンドメディアの活用を!三郷金属工業の事例…
  3. クラシックなマーケティングの手法を再考する
  4. オウンドメディアを作ったけれども反響が悪いときにすべきこととは?…
  5. SEO対策!ペナルティを受けるリンクを知って被リンクを充実(前編…
  6. TwitterをAIで解析する「Reaction Monitor…
  7. 動画配信中に製品購入可能なライブストリーミングアプリ「Buske…
  8. メガネスーパー、コンタクトを1タップで注文できるアプリ発表

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行