Webマーケティングニュース

高額商品こそLINEで売れ!中古車販売店が提携

中古車に関する情報誌やウェブサイトを提供する株式会社プロトコーポレーションはLINEとの業務提携を発表しました。これにより、プロトコーポレーションが運営するウェブサイト「グーネット」に掲載されている販売店に、LINEのチャット機能から問い合わせをすることが可能になります。

LINEという気軽なSNSの性質上、車といった高額商品の販売には効果が薄いように思われますが、実は、高額商品にこそLINEを活用すべきなのです。事例も交えてご説明します。

「グーネット」で問い合わせや見積もり依頼が可能に!

プロトコーポレーションはLINEに「SMEパートナー(エスエムイーパートナー)」および「Official Web Appパートナー(オフィシャルウェブアップパートナー)」認定され、業務提携に至りました。「グーネット」掲載店に対してLINEメッセージを通じて在庫確認等の問い合わせや見積もりの依頼等ができるようになります。また、プロトコーポレーションはLINE公式アカウントも開設。これを利用して、集客や購入促進を行うとのことです。

しかし、LINEは気軽なSNS故に、高額商品の購入には繋がらないのでは?と疑問に思われるかもしれません。実は、LINEでの中古車販売の成功例が、LINE@公式ブログに掲載されています。

LINE@から毎月2台の高級車が売れる!

東京都にある高級車販売店「サエキモータース」。LINE@を導入し、チャット機能をお問い合わせ窓口としたところ、顧客との本音のやりとりが素早くできるようになり、1000万円超えの高級車が月に2台も売れるようになったとのこと(LINE経由です)。遠方の顧客が、LINEのやりとりのみで車を気に入り、はるばる来店して購入にまで至ったケースもあったと言います。

linecar
LINE@公式ブログ「LINE@経由で1000万円以上の高級車が毎月2台も売れる!「サエキモータース」インタビュー 」

この事例から、LINEを活用しての高額商品の販売は、「聞きにくいことを気軽に聞けること」「店舗から遠い顧客とも関係なくやりとりができること」の2点から、実は容易であると考えられます。車販売や住宅販売等、高額商品を取り扱う企業も、LINEの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 
参照元:株式会社プロトコーポレーション
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. この本は使える!文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート…
  2. 昨年の日本のインターネットサービス利用者数ランキング
  3. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  4. ピーチ・ジョンが「RetailNext Inc」のIoT小売り分…
  5. 企業のソーシャルメディア運用。停滞させないための対策とは
  6. 反響を取れる広告やSNSコンテンツの肝は「素人感」
  7. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  8. オンライン予約サイトHotels.comがUberに対応

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行