Webマーケティングニュース

facebookがモバイルサイトのパフォーマンス改善ソリューション開発

2016年8月31日、Facebookはモバイル向けウェブサイトのパフォーマンスを改善するソリューションの開発を発表いたしました。これによりウェブサイトの表示速度の問題などが大幅に改善されることが期待されます。 

キャンバス広告、アプリ内ブラウザで利便性向上

Facebookが開発したモバイル最適化ソリューションでは、キャンバス広告やアプリ内ブラウザ機能などがあり、それぞれで読み込みスピードや利便性が向上されます。キャンバス広告は一般的なモバイルサイトの場合と比べると約10倍ものスピードで読み込むことが可能となります。また、アプリ内ブラウザを導入することで、Facebook内でウェブサイトのリンクがクリックされた場合にFacebookから離れることなくサイトの閲覧を楽しむことが可能です。リンクをクリックするたびにアプリを開き直す手間が軽減されるので、ユーザーには優しい機能だといえます。 

プリフェッチ機能を導入で高速化へ

モバイル環境改善への取り組みの一つとして「プリフェッチ機能」の導入もあります。プリフェッチ機能では、リンクがクリックされる前にFacebookのアプリ内ブラウザに情報が読み込まれるようになり、モバイルサイトの読み込み時間はなんと最長で8.5秒も短縮されることになります。読み込み時間の大幅な改善で離脱率は大きく改善されることでしょう。 

まとめ

キャンバス広告やプリフェッチ機能により、Facebookでのモバイル環境は大幅に改善されることとなりました。ウェブサイト訪問者の約40%はサイトの表示に3秒しか待てないというデータがあることを考慮すると、今回のソリューション開発はモバイル環境にて大きな効果をもたらすことでしょう。 
 
参照元:Facebook
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インフィード広告はソーシャルメディアが主戦場
  2. Instagram Storiesがパワーアップ!スタンプなど新…
  3. YouTubeが購入型コメント権「Super Chat」導入
  4. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  5. 最高のメールマーケティング戦術
  6. ソーシャルメディアを効果的に使うために(1)
  7. ビジネスキャンペーンにSNSを使用する前に
  8. マーケティング担当者がモバイルで直面している最大の課題

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行